1. ホーム
  2. 工筆画ネット教室
  3. 葡萄の描き方
  4. 牡丹の描き方 創作1
  5. 創作2

牡丹の描き方

創作 2

  • デッサン
    ポイント:この時点でも線の意識を重視する。花線は繊細、変動、変化がポイント。葉線は変化を控えめ、葉の生命感を重視し、滑らかのがポイント。
ボタン 牡丹
  • 白描のポイント
  • 花の線は4割墨で、構造に沿って線描きすること。中鋒用筆。
  • 葉の線は6割墨で、主脈線を力強く、生命力を重視し、変化を控えめること。中鋒用筆。
  • 樹の線は8割墨で、飛白、変化、破線を注意すること。側鋒用筆。
ボタン 牡丹
  • 下地着色
  • 4割墨で、薄き対象の構造をそってぼかす。
  • 花はデザインの色によって墨や色でぼかす。
  • 本テーマでは、大紅花は根元から臙脂でぼかし、表面の花びらは外から中に向いて朱砂でぼかす、裏花びらは朱ヒョウでぼかす。
  • 注意ポイント:色が薄く、回数で勝負すること。本人はこの段階では約10-20回を目安で着色。
ボタン 牡丹
  • 完成及びバランス調整
  • 各対象を十分に染めたら、全画面の色バランスを調整し、満足まで進むこと。
  • そして、淡い花の花びらを白で提染する。これはあくまで構造上をより立体的、調和する意味が強い。でも、必ずしもやることではない。
  • 点蕊、落款で完了。
ボタン 牡丹
  • 表装
ボタン 牡丹

PageTop