1. ホーム
  2. 工筆画ネット教室
  3. 牡丹の描き方
  4. 葡萄の描き方

葡萄の描き方

  • 1.デッサンが出来たら、まず、下絵をきちんとを創作すること。
    今回は4:6構図にした。構造の輪郭にしたがって線描きをする。
    • 葡萄の線・・・5割墨
    • 葉の線・・・6割墨
    • 木の線・・・8割墨
    注意ポイント:
    立体感よりも全体の平衡を考慮すること。
    特に葡萄の粒は前後の位置を表現するのがポイント。
ブドウ,葡萄
  • 2.葡萄粒のデザインにより胭脂+花青(墨)或いは三緑+藤黄で染める。
    葉は水線を残して構造に沿ってばかす。
    ポイントは色を積めないこと。これはムラにならないのポイントである。
ブドウ,葡萄
  • 3.葡萄の粒を立体的に出来るようにばかす、前後の位置を維持しながら、進む。
    ここは注意するポイントは葡萄の濃い色は重なる所ではなく、光に当てえる面である。
    葉は花青でぼかし。(鳥の描き方:省略)
ブドウ,葡萄
  • 4.葡萄粒をさっらにばかし、全体的に色バランスを整えばよい。
    葉を草緑で被って、完成。
    ポイント:草緑薄くすること。足りなければ数回を進む。
ブドウ,葡萄
  • 5.落款し、完成。
ブドウ,葡萄
  • 表装
ブドウ,葡萄
牡丹の描き方へ

PageTop