新着情報・お知らせ 一覧

2018年04月06日
2018年は日中平和友好条約締結40周年であります。両国の相互信頼及び理解を促進するために、 日中著名現代アーティスト交流展を企画しました。この国際芸術交流を通して、日中両国の友好親善を促進し、 多視点から国際芸術交流のプラットフォームを提供してきたいと考えている。
「問道-2018・中日文化交流書画展」は、 東方文化の継続、実験の試みを続き、絵画の本源の道を問い詰め、人文価値を配慮し、 古典の伝承と国際融合に直面し、革新的な時代課題を解き明かす。 桃源,桃源問道,日中交流,絵画展,水墨画,工筆画,日本画
日中友好会館美術館
〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目5番3号
TEL 03-3811-5317(代表)
2018/04/06(金曜)~ 04/12(木曜)
初日:14時から    最終日:12時まで
2017年06月07日
2017年、日中国正常化45周年記念として「桃源問道-2017・日中文化交流絵画展」を 日本と中国の両国で開催することになりました。今回の展覧会名称は、 「桃源問道」としました。 桃源,桃源問道,日中交流,絵画展,水墨画,工筆画,日本画
2017年04月30日
桃源問道-2017・日中文化交流絵画展
2017年、日中国正常化45周年記念として「桃源問道-2017・日中文化交流絵画展」を 日本と中国の両国で開催することになりました。今回の展覧会名称は、 「桃源問道」としました。 桃源,桃源問道,日中交流,絵画展,水墨画,工筆画,日本画
「桃源」は、桃源郷に由来し私達人間の「理想世界」であり、決して実現不可能な思想ではなく、 人間の平和、平等、自由に満ちた社会であり、人々が苦悩と悲劇に満ちた現実から逃避しようとせず、 人間の精神に大きな安らぎを与える場所を言います。「道」は中国道教に由来し、幸運のルーツです。 私達は、絵画を通じて異文化の交流、融合、進化の道を開き、理想世界に向かって自由に羽ばたき、 神仙の境地にたどり着くよう精進して参ります。 本展覧会は、日中両国から水墨画・工筆画・日本画など各分野に精通した著名な芸術家10名を集めました。
2016年03月18日
2015・日中文化交流絵画展・山東展
2015年12月19日から23日にかけて、日本東京O美術館に開幕を開き、中国から約30名の著名画家を招聘しました。 開幕の初日、20名の画家が揮毫し、盛大な筆会も開き、沢山の観客は脚を運んで頂いて、 大変反響が良い日中文化交流活動を行いました。 続きまして、今年3月18日から22日にかけて受賞式を兼ねて、中国山東省文化館に巡回展を開催しました。 日中文化交流絵画展
2015年12月19日
2015・日中文化交流絵画展・東京展
一般社団法人國際工筆画会と山東省美術家協会主催する「2015・日中文化交流絵画展」は、 日中の親善や文化交流を目的にする公募展の第一回展を開くことになりました。 水墨画の原点とされ、精巧繊細に表現する工筆画を中心に水墨画を加え、約50名の作家による100点の作品が一堂に会する。 開幕式の19日、本法人が招待しました山東省著名画家20名が揮毫し大規模な実演会の 「筆会」を行いました。 絶妙な絵画技法とすばやい表現が現場の方々を魅了させました。
関連ニュースはこちら≫ 毎日新聞 開幕式 筆会 日中文化交流絵画展
2015年04月30日
帰来的春泥_李岩工筆画作品展
主催:山東省美術家協会
臨沂市文広新局
臨沂市文化連合会
臨沂市美術家協会
社団法人國際工筆画会
企画:大偉美術館
臨沂市画廊協会
会場:王義之故居
関連ニュースはこちら≫ 琅琊风云榜之李岩:帰来的春泥
2014年04月27日
李岩青州博物館個展
主催:中国山東省美術家協会
青州文化連合会
青州市美術家協会
会場:中国山東省青州博物館

PageTop